原田優香利  #132

秋の日差しにきらめく

 過ぎ去った夏の太陽を持ち込んだかのようなキラキラした光が全身を包む。その太陽光にきらめきと優しさがほのかに浮かぶ。

 4年前に「知り合いからショーに出てほしい」と誘いを受けたことが、モデルへの本当に小さな一歩だった。「ショーが終わったら自分の中で何かが動きだした」と感じた。

 しかし「始めることはしなかった」と二の足を踏む。再びショーに出演する機会があり、レッスンに通ったが、やはり「動きださなかった」と振り返る。

 そして1年前。偶然の出会いがモデルへの意欲に火を付けた。「バーでたまたま隣に座っていた女の子がショーモデルだった」。会話が弾む中、「やったらいいのに」の一言で、モデルへの意欲が加速度を増した。

 最初は「空気感が違った。オーラに圧倒された」こともあったが、今では「ショーで死にたい」ほど楽しく充実した日々を過ごす。「いろんな表現を身につけたい。そしてそれを表現できる場なら、なんでもやりたい」。熱い意欲が秋の日差しに輝いた。

 (ヘアメーク 増谷祐佳)2015-9-28

はらだ・ゆかり  erg-Au 

T170 B81 W57 H87 大阪府出身。ショーを中心に活躍。スチールなどにも出演。