岡根安里  #141

世界の舞台へ 上昇気流

 晴れ渡った空のような表情から、キラキラ輝く光の粒が舞う。永遠に続きそうな色あせない好奇心が、瞳の中で羽を開く。

 高校2年の時にミス・インターナショナルジャパン日本大会トップ10に入り、その翌年もファイナルに進出した。世界を視野に活動を続ける現役女子大生。「まだまだ視野を広げたい」と、さらに高みを目指す。

 中学生の時に英語に興味を持ち、世界に目を向けた。そして高校の先輩のコシノヒロコさんの色紙が学校にあり、そこには「世界にはばたけ」の言葉。この言葉に背中を押され「世界で戦える身長はあるし、何か形に残したい」と、世界大会への挑戦が始まった。

 2014年はミス・ユニバース大阪代表として日本大会4位。15年はミス・ユナイテッドコンチネンツの初代日本代表として、今年の夏に念願だった世界の舞台に立った。

 「常に何か違う事をやりたい」と、独学で英語落語にも挑戦し、それが縁でお茶子として繁昌亭にも通う。「モデル、女優として貪欲にできたらいいと思っている」。世界の舞台に向けて、上昇気流が吹き始めた。

 (ヘアメーク 増谷祐佳)2015-12-7

おかね・あんり アイドリーム

T180 B86 W65 H96 大阪府出身。2014ミス・ユニバース大阪代表、2015ミス・ユナイテッドコンチネンツ日本代表。