033 SARINA

 完全燃焼まで一歩一歩

鋭角な表情と緩やかな笑顔が対照的で、その雰囲気に引き込まれてしまう。
 モデルの道に進んだのは、高校3年の担任だったH先生がきっかけ。「やりたいことないです」。進路を決める時にこう漏らすと、H先生がこう言った。「身長あるからモデルやったら」
 モデルには興味はあったが、それまで踏み出せない自分がいた。「先生がオーディション雑誌を持ってきてくれて、写真も撮影してくれたんです」。その時、背中を強く押された。
 一度モデルの世界から離れた時期もあったが「すべてにおいて不完全燃焼。納得していなかった」と、「今度は自分で一歩踏み出して」復帰した。
 3月末から4月中旬にかけて、プライベートでロサンゼルスを訪れた。「食べ過ぎて3キロ太って、帰ってからも日本食がおいしくて1キロ太った」と笑い飛ばす。「一歩一歩進んで、何かを見つけていきたい」。完全燃焼まで、まだまだ道の途中だ。
  

(ヘアメーク・増谷祐佳)   2013-6-3

SARINA vithmic model agency

T173 B80 W60 H88、大阪府出身。KANSAICOLLECTION、難波ファッションフェスタ、ミント神戸など多数ショーに出演。スチール、広告、WEBなど多方面で活躍。