多田佳加  #110

 経験糧に翼を広げる

 

 あどけなさが時折通り過ぎる表情に、かわいらしさが吹き抜ける。すらりと伸びた脚が、しなやかな姿勢を醸す。

 小学生のころからファッション誌に夢中になり、目を皿のようにして読んでいたという。モデルという存在にほのかに「憧れはあったが、自分は無理だ」とあきらめていた。

 だが、高校生の時に転機は訪れる。「友達に勧められて」応募した「東京スーパーモデルコンテスト」で、ファイナリストに進出した。テレビ出演などもあり「芸能界の華やかさを味わいました」と健やかにはにかんだ。

 それからはモデルとして大阪を中心に活動。しかし「入り口の華やかさを味わったので、仕事が少しジミに思えた」と、一時は別の仕事に就くなど、モデルの世界から距離を置いた時期もあった。

 「それがあったからこそ、モデルの世界が当たり前じゃなくなった。今の環境に感謝している」と、経験を糧に翼を広げる。「大きなことは考えず、今は目の前の仕事を丁寧に、確実にやっていきたい」。広げた翼に、暖かい春風が舞い込んだ。

(ヘアメーク 増谷祐佳)2015−3-30

ただ・よしか Afes model agency

T173 B79 W60 H84 大阪府出身。多数ショーに出演。スチール、WEBなどでも活躍。